歯周病


歯周病は歯茎や骨が細菌に侵される感染症です。 怖いのが自覚症状が無いままに進行するので、気がついた時には骨が溶けてグラグラになっている場合もあります。

 

歯周病菌は糖尿病、心臓病など全身疾患にも大きな影響を与えるので要注意です。

定期検診等で早期発見、早期治療を心がけ歯周病を防ぎましょう。

 

歯周病は、歯についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。

歯と歯茎の境目についた歯垢から、歯の根に沿って歯周病菌が入り込み歯を支えているまわりの組織を壊していきます。

 

症状として、口臭、口の中のネバネバ感、歯ぐきの赤み、腫れ、出血、揺れて噛めないなどが挙げられます。もし、そう感じる方がいましたらぜひ、近所の歯科医院にて検査を受けましょう。

当院の治療内容としては

 

①歯周検査

②歯周病菌の特定

③歯周病菌が発見された人は、除菌致します。

④歯肉より下にある部分(歯肉縁下)の溜まった歯石は衛生師による歯石除去を行います。

⑤定期的な検査にて歯周病菌をチェックします。